流れ星の夜

イラストレーターWednesdayのサイトです
同人

東京グールプレイマット1~2

プレマ東京喰種連結twi

カネキ君の左右でつながるプレイマットです。平子君を最後まで描き忘れていて、アブナイ、村人Bとあわてて書き足しました。好きです平子君。

保存

深海棲艦レ級プレイマット2

プレマ2

深海棲艦ヲ級戦艦棲姫プレイマット1

プレマ1

赤ずきん

赤ずきんちゃんです。
とある仕事用に書き下ろしたのですが、
その色違いです。
お仕事は夏ごろにお目見えになると思います。

水戸の制服少女

9550594



お友達のイラストレーターふゆの春秋先生の水戸コミケ用のゲストイラストです。
実際に水戸の学校の制服をイラストにしたとても凝った良い本でした。
お菓子の袋は一番好きなピエール=エルメから。
女の子はいつもの看板娘雪乃嬢です。

銀髪さんとショートさん

023

■FとE♯


触れる指先 赤い糸
あなたはわたし? わたしはあなた?
合わせ鏡の見つめる瞳
返らぬ問いが またひとつ


2009年、夏コミ用同人誌の表紙になります。
実は08年5月に出す予定が、ずるずるずるずる伸びたのは
人生3番目くらいの汚点と言わざるを得ません・・・ホントにごめんなさい。
キャラクタはいつもの雪乃さんと、ショートの子は「もか」と言う名前です。
ずばり、チョコレート色の髪と瞳だからです・・・・・・そのままです。
最近気づいたのですが、片目に髪の毛がかかる感じが好きなんですよね。
前髪の左右非対称とかってなんとなくアンバランスな危うさがあって
良くないですか?自分だけかな。

お話は、漫画にするほどの事も無いなんと言うことのない話です。
ちょっとストーカーチックな、軽い恋愛話を描きたかったのですが
男女だと犯罪じみてしまうので、キャラ配置を女の子同士にしてみました。
後2話、トータル40pくらい描きたいのですがどうなる事やら・・・です。
われながら極端なのですが、ものすごく大掛かりな群像劇か
こういった、狭い世界でのたわいもない話のどちらかが好きなのですよね。

タイトルは、同じだけど違う、違うけど同じ、といった意味合いです。
ピアノ鍵盤の同じ音を別の読み方をするというところからです。
後輩のウサミルイ君がつけてくれました。Thanks☆

お嬢様とメイドさん

o026


■春の目覚め


全てのものに、訪れる
それは、春の目覚め
はらり、はらりと舞い散る花の
くるり、くるりのご挨拶
花咲く頃に、また、会いましょう
花散る頃に、また、会いましょう


Pixivガールズコレクションに収録して頂いたイラストです。
結構古いものなので、なぜこの絵なのかしら?と
疑問もありつつも、素直に喜ばしかったです。

初出としては同人誌で描いた、お嬢様とメイド漫画、3冊目の表紙です。
ストーリー内での季節が冬から春に移ったので
春のふわっとした夢心地の空気感を表現してみました。
このお話全体に言えることですが、守られ、庇護されている
子供時代を描きたかったので、全体として、ゆったりとした雰囲気になっています。
思うに、子供から大人になると言う事は痛みを自分自身で受け止めて
知っていく事なのかなと、最近色々な人の死に触れたり
どうしようもない悲しい事に出会うたびに、そんな事を考えてしまいます。
そしてまた、そういうテーマが大好きだったりもするのです。

絵的な見所は、ちょうど、荒木飛呂彦先生のスティールボールランを読んだ直後で
構図に黄金分割を多用していたりします。
線画に時間を取りすぎて彩色が1・5日とかで苦労した思い出があります。

タイトルは、アルフォンス・ミュシャの油彩に春の目覚めというものがありまして
そこから取っています。かつて渋谷はBunkamuraミュージアムに
ミュシャの油彩がたくさん来ていまして、とても素晴らしかったのを覚えています。
アール・ヌーヴォーのリトグラフポスターが一番有名な作家ですが
スラブ叙事詩に代表される油彩の数々も、とても素敵で、
自分自身の色彩感覚などに、多大な影響を受けているのを実感します。

銀髪お嬢様

oillc1111

サイトの看板娘こと、雪乃お嬢様です。
雪乃さん失恋漫画の表紙でもあります。
ずいぶん古い絵で恥ずかしいのですが、銀髪にかける情熱が結構気に入っています。
手の質感なども、やわらか~と念じながら描いた事を思い出します。

漫画に関してはおかげさまで完売しましたが、pagesの中のcomicコーナーにおいてありますので
良ければご覧ください。